キャメルトライ

タイトー スーパーファミコン パズル  
難易度:★★☆☆☆    名作度:★★★★☆    クソゲー度:★★☆☆☆ | コメント(0)
 
キャメルトライ キャメルトライ
(c)タイトー

アーケード版からPC版を経て移植。
画面を回転させて、重力を利用してボールをゴールまで運ぶパズルアクション。

【関連動画】

※中には関連性のない動画になっている場合もあるのでご了承ください




【レビュー】

ガラス玉を操って、迷路をくぐり抜けゴールまで運ぼう......というゲームではないところがポイントです。

画面を操って、迷路をくぐり抜かせてガラス玉をゴールに着地させよう、というゲームなのです。

回転させるのは画面。タイトーの恐るべき発想力に当時の子供は狂喜乱舞しました。

ただ連続でやりすぎると酔います。まじで。これを修学旅行のバスでやれたら最強です。

私はこのゲームを最初やったのが、当時のパソコンだったわけですが、操作はマウス。激しく操作。

ガン、ガン! ガン! ガツッ! ガうるさい! 何時だと思ってるんだ!

おかげで怒鳴られるわ、マウスは壊れるわ、テストに名前書き忘れるわで散々でした。

スーパーファミコン版では......
最初に説明が出てきます。
いや、いくらなんでも同じ動作をするボタンこんなにいらんだろ。

間違えて押すぞ!。

基本的に左右の回転しか必要ありません。

もちろんマウスも付属していません。

あとは重力に頼るのみです。

このゲームに邪魔キャラはいません。

ひたすらタイムとの勝負です。

途中こういうタイムを減らす罠が待ち構えています。

1回捕まるとけっこう地獄を見ることもある。

昔、ビー球を転がして、穴に落とさないようにゴールまで運ぶおもちゃがありましたけど、それに近いものがあります。
あちらは水平面でしたが、こちらは垂直面。

左図のように恐ろしい罠で画面が回転しまくりです。


タイムオーバーでとなります。

そして謎の女性登場です。

メル女王なのでしょうか?

このゲーム一番の謎です。

もしかしたらキャメルトライという名の女性なのかもしれません。

実はこのゲームで一番難しい面がネームエントリーです。

アルファベット列を傾けてタイミングよく入力します。
間違えたらバックキーが来るのを待ちます。
隣のENDキーを押したら恥ずかしい名前で登録されてしまいます。

パスワード入力も同じように最高のテクニックが必要です。

とにかく回転の好きなゲームです。最後に至極の回転技を見てお別れしましょう。
CAMELTRY


クリアで高速回転するGOAL


Congratulations!

コメントする