マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー

セガ アーケード 格闘  
難易度:★★☆☆☆    名作度:★★★★☆    クソゲー度:★★★☆☆ | コメント(0)
マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー
(c)セガ
マイケル・ジャクソン自らが監修して手がけた路上格闘型ベルトスクロールアクションゲーム。全5ステージで、さらわれた子供を救い出しステージボスを倒すというもの。映画ムーンウォーカーが題材となっている。
随所にマイケル・ジャクソンの名曲が使われている。
なんとこのゲームは3人同時プレイができ、画面の中に3人のマイケルジャクソン(色違い)が入り乱れることができる。 同時発売でメガドライブ版も出たが、内容は大きく違っている。
【関連動画】

※中には関連性のない動画になっている場合もあるのでご了承ください





【レビュー】

光り物で有名なM.J. ゲーム中も光で敵を倒します。
手から変なエネルギーが出ています。波動拳も打てます。
映画中も人をばったばったと殺しています。
目的は敵に捕らわれた少年少女を助けることです。
やはりM.J.に子供は不可欠だということです。
かのバブルス君(ペット:猿)を取ると、
巨大化して、ロボットになります。
おいおい、いくらゲームでもやりすぎだろ、と思うかもしれないが映画はもっとすごいらしい。「We are the world」で「今こそ世界が一丸となる時だ」と歌っていたような気がしますが......

殺戮マシーンM.J.


そしてかの有名な、ダンスです。
画面上の敵が一緒になって踊りだす。
SMOOTH CRIMINALのリズムになって踊ります。
映画と同じシーンですね。
つられてみんな踊っています。
使用回数は限られている上に、体力を消耗します。

踊り終わると、なぜか全員爆発します。ライブのパフォーマンスと同じですね。
死因はショック死?


面切替えの間にこのようなアメリカンコミック調のネタが入ります。

この辺のつくりはいかにもアメリカらしい。

操作を放っておくと、こんなパフォーマンスも始める。

ムーンウォークももちろんする。

結論から言うと、よくできたゲームだと思います。

そこらのへなちょこアクションよりよくできてます。銃弾より車の方が早いのはよくわからんけど。

かなり映画を忠実に再現しています。

気になる曲目は!
ラウンド1:Bad
ラウンド2:Smooth Criminal
ラウンド3:Beat It
ラウンド4・・・
ラウンド4の舞台は、お墓です。 ゾンビが襲ってきます。
こうなったらあの名曲しかないでしょ!
ラウンド4:Another Part Of Me

なぜ?

これみよがしに墓の面つくっておいてこれかよ・・・
ラウンド5:Bad
エンディング:Billie Jean

Bad2回使いまわすのならThriller入れて欲しかったなぁ・・・

コメントする