シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件

トーワチキ アクション ファミコン  
難易度:★★★★★    名作度:★☆☆☆☆    クソゲー度:★★★★★ | コメント(3)
 
シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件 シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件
(c)トーワチキ

アクション&アドベンチャーゲームと謳っている。シャーロックホームズがキックで敵をやっつけるという時点で何かが違っている。操作性も悪いし、ホームズも弱すぎるクソゲーの代表格。
キャッチコピーは「追跡は始まった!君はホームズを超えられるか?」。ホームズを操作するのに、どうやって超えるのかが最初の謎だった。

【関連動画】

※中には関連性のない動画になっている場合もあるのでご了承ください


レビュー~説明書に隠された謎を解き明かせ!~
シャーロックホームズといえば、言わずと知れた名探偵の代名詞的存在だ。
そのシャーロックホームズがゲームになったと聞けば、様々なヒントを頼りに謎を解明していくというゲームなんだなと予測でき、自らがホームズにもなれるというホームズマニアに垂涎のゲームとなるに違いない。
すでに「ポートピア連続殺人事件」で子供の心をわしづかみに?したアドベンチャーゲーム。失敗するはずがなかろう。

事件の内容は説明書によると
「英国貴族アップル伯爵より『一人娘のマーガレットが何者かに誘拐された』という手紙が届いた。
ホームズは捜査を開始した
ということだそうだ。

ホームズはこんな風に暑中見舞いを送るような感覚で手紙を書くと調査してくれるのでしょうか。

ゲームをスタートすると

こんな感じで、娘が誘拐されるシーンから始まります。まあ要するにこいつが犯人なんですが、これって探偵じゃなくて普通に警察が捜査することじゃねの?


そして突然街中に放り出されます。マーガレットの情報もわからぬまま、どうやって捜査をしろといのでしょうか。まあとりあえず街の人に話を聞くことにします。

「すいません、こんな女性を見ませんでしたか~」

「ズドドドド」

あれ?反応ないなぁ。正面からじゃないとダメなのかな?

「ごめんなさ~い。人を探しているのでs」


ん?



なぬ?

死んだ~

何の害意もない住民に名探偵ホームズ殺される! どうなってんだ、トーワキチチキ

そっか! 話しかけるにはボタンを押すんだな。
て、押してみたらキックが出たような気がするんだが・・・

殺した!

名探偵ホームズ 殺人事件

そして、

お金を手に入れた!

名探偵ホームズ 強盗殺人事件

そうこのゲームは、お金を得るため、情報を得るために罪のない人たちを殺戮しなければならない英国紳士が主人公のバカゲーなのだ。

トーワチキは今すぐタイムマシンを開発して、コナンドイル先生に全力で謝ってきてほしい

そんな殺戮の限りを尽くすホームズに街の人も黙っているはずもなく、全力でホームズを殺すために襲い掛かってくる。もはや一人の令嬢が誘拐された事件などイギリスにとっては問題ではなく、この無差別殺人魔がイギリス中を飛び回っていることが問題となっている。紳士の国イギリスの影も形もない。
ゲーム構成は、街探索(お金稼ぎ)のトップビューと、建物や公園・下水道内(主に情報やアイテム収集)のサイドビューの2シーンがある。

ホームズは、お金がないと武器も買えず、電車にも乗れないので、RPGのレベル上げのように街の人から短足キックで民間人を殺して、お金を強奪しなければならない。完全に路上格闘ゲームになっています。

サイドビュー画面では、民間人を殺すことによって、お金ではなく情報を得る。ここでは、短足ジャンプキックが使える。走るより速くリーチが長い。
←穴だらけの危険な家
ただし、着地点で敵に捕まると、ほぼ一発で死んでしまうという最弱のキャラクタなので注意が必要。
敵を倒すと情報が得られます。

フザケンジャネーヨ

まあ、いきなり蹴られりゃだれでもそう思うわな。
80%は意味のない情報ですが、有力な情報をくれるときもあるんですよ。


シャーロックホームズッテ オモシロイゲーム ナンダッテ!!!
   ・

   ・

   ・





面が進むと敵は銃を発射してくる。警官だけでなくいろんな人が銃弾を放つ。それならしゃがんでよければいいんですよ。

顔面命中!

このゲームの「しゃがむ」の使い道は最後までまったくわかりませんでした。
ちなみに銃弾はジャンプキックで避けられるときもありますが、難しいです。
というわけで新しい武器を買うことにしました。


高いですがこの剣みたいなものを買いましょう。これで、ばっさばっさと人を斬るわけです(このゲームの主人公は探偵ホームズです)。

「ザクッ!」

短か!

キックよりリーチが短くなりました。短剣使えね~

実は、銃が最後の方で手に入るのですが、このゲームどの面から攻略しても問題はないので、少し手厳しい攻撃がありますが、最初のほうに銃を手に入れると後が楽になります。
これで街の人を射殺し放題です(何度も言うように主人公は名探偵ホームズです)

こうして情報を集めつつ、各都市のパパイヤ団を倒し、パパイヤ団壊滅を目指します。

ん?

「パパイヤ団って誰だよ」と皆さんお思いでしょう。知らない名前出してくるなと思うでしょう。

でも仕方がないんです。私もパパイヤ団が何なのか知らないのだから。

ゲーム中では、令嬢の情報は一切なく、ホームズはどこからか現れた「パパイヤ団」の壊滅に勝手に力を入れ始めるのです。 令嬢はどうなった?

ホームズは令嬢には興味がなくなり、パパイヤ団の殺戮に心を奪われてしまいました。
そしてパパイヤ団の本拠地に関するすべての情報を手に入れ(簡単に書くけど、わかるわけねえだろ的なクソヒントしかないので、相当根気が必要です)最後のブランデー城に辿り着き、「ある場所でコントローラをいろいろいじっていれば最後の部屋に行く」みたいなヒントがありました。
しかし、どうがんばっても何も起こりませんでした。

実はここでは、IIコントローラーも使うというのが正解だったんです。

それぐらい勘を働かせろよ、と皆さん思うかもしれません。でも、説明書を見てもそう言えるかな?

思いっきり「IIコントローラーは使用しません」って書いてあるじゃん!

嘘つけ!

まあこの説明書内でも、コンティニューはIIコントローラーを使えと書いてある時点でめちゃめちゃ何ですけどね。なるほど、これが叙述トリックと言うやつですか?

無事、最後の敵を倒すと

なぜか最後だけ英語でセリフが出てきます。しかも「Never give up」だから「諦めるな!」って言う意味になるんですけど、自分的にはよく諦めずに最後までやったなぁと思ってたんですが。

そしてよくわからん画面が出て終了します。この女性はもしかして誘拐された令嬢ですか(もはやそんな設定も忘れていましたが)。

さて説明書によると

先着100名にテレホンカードがもらえるらしいです。たぶん今からでも先着100名に入ると思われますが、問題なのは

パスワードなんて出なかった

ということです。

この答えがもし「パスワードは表示されない」ということなら、コナンドイルもびっくりのトリックです。
なるほど、これが叙述トリックと言うやつですか?

最後に説明書の裏には・・・

発売と同時に「待望」している!!誰もしてないぞ!
※それでも第2弾本当に出ましたけどね
(c)あずまきよひこ・アスキー・メディアワークス

コメント(3)

当時、何の疑問も抱かずに
銃弾の安い町で弾を購入→通行中のギャングを射殺
で稼ぎまくってたなあ

ナッナニヲスルンダ。

トーワチキから認定証を貰った者の一人です
購入から暫くしてから攻略本片手に必死にやりこみました
(それでも小学生には辛かった…)
少なくとも2月を遥かに越えていたことだけは間違いありませんw

尚、送ったパスワードは「The End」だったかと…(^_^;)

コメントする